高島 2021年07月29日

魚のさばき方を学ぼう!

プロのシェフに教えてもらいながら瀬戸内海でとれたタイをさばき、魚の体のしくみに詳しくなろう。

包丁を使ってタイの「三枚おろし」に挑戦しよう!

笠岡アイランドホッパーズA班のみんなは、高島にあるリゾート宿泊施設「カーサ・タケダ」のシェフに魚のさばき方を学び、「三枚おろし」に挑戦しました。
三枚おろしとは、包丁で魚の右身・左身・中骨の3つに切り分けるという、最も基本的な魚のさばき方です。

この日、使った魚は、瀬戸内海でとれたばかりの新鮮なタイ。ウロコがキラキラ光って、とってもキレイです。
ほとんどの子どもが、頭やウロコがついたままの魚を見るのも、魚をさばくのも初めて!
ということで、シェフのお手本を見ながら挑戦することに。

まずは、ウロコ取りです。
「ウロコ」にはツヤがあるので、ひと目見れば分かります。しかも、触るとかたい。
ウロコが残っていると、食べた時に口の中に残ってしまうので、完全に取りのぞかなければなりません。
専用の道具を使ってガシガシとウロコをこそぎ落とすみんな。
「おなかの部分にもウロコがあるから見落とさないで」とシェフからアドバイスを受け、「ウロコってかたい」「けっこうチカラがいる」とちょっぴり弱音をつぶやきながらも、きっちりとウロコを取りのぞきました。

次に、頭と内臓を取りのぞき、三枚におろします。
初めてのみんなは「難しいなぁ」となれない包丁さばきに悪戦苦闘。
「力を入れ過ぎるとキズが入ってしまったり、身が破れたりしてしまうよ」「背びれのあたりは難しいので気をつけてね」とシェフにサポートしてもらいながら、何とか1人1匹ずつのタイを三枚におろすことに成功しました。

みんながさばいた魚は、シェフが特製オーブンでホイル焼きにしてくれました。
美しい海を見ながら青空の下で食べる魚料理の味は最高!
海の恵みや魚について、おいしい思い出とともに興味を深めることができました。

スポット・施設名

名称
カーサ・タケダ
住所
笠岡市高島5208
受付時間
8:0018:00 (日曜・祝日は17:00まで)
お問い合わせ
0865-67-6188 (カーサ・タケダ)
URL