北木島 2021年07月28日

北木島の職人技「石割り」に挑戦!

北木島に伝わる「石切り」の道具や技で実際に石割りを体験しました。

伝統の職人技「石割り」にチャレンジ!

石材業の歴史について学んだあとは、実際に「石割り」にトライしよう!
子どもたちの目の前には、大きな北木石が用意されています。これを石工職人さんから習った「石切り」の技を使って割ってみましょう。
最初に鳴本さんと職人さんから実際に石を切る様子を見せてもらいました。
この大きな石が本当に割れるのでしょうか?! 

石にはあらかじめ穴が開けてあり、そこにクサビのような道具が打ち込まれています。
子どもたちは軍手をはめて、ひとりずつ交代しながらハンマーで打っていきます。
重いハンマーが上手に打ち下ろせるかどうか見本を見せてもらいました。
さて、誰が石を割れるのか?!スリル満点ですね。

最初はおそるおそる金槌を下ろしていた子どもたちも、二巡目になると勢いよく打てるようになってきました。
二巡目に入ったころ、ドスンと大きな音で石が割れました。
「なんか手ごたえがあった!」「硬くてとても割れそうになかった」と、子どもたちも大きな石が真っ二つになってビックリ。

「石を叩く音が変わったのがわかったかな?」と鳴本さん。
熟練の石工職人は、石の音の変化や感触で割れそうなタイミングがわかるのですね。
昔は大漁豊作を願うお祭りの時に、労働歌である「石切唄」を歌いながら大勢で石割りの作業をしたそうですよ。

次に、石材工場にある電動の大口径カッターも見せていただきました。
直径100インチという巨大カッターの刃先にはダイヤモンドのチップが埋め込まれているそうです。
「カッターから水が放出されているのはどうしてでしょう?」という質問に、「石と刃の摩擦熱を冷却するため」「石の粉が飛び散らないようにするため」と答えた子は正解です!
ダイナミックな石材所を見学して、北木島の石材業がどのように発展してきたか、そして石切りや石割りの技術とはどういうものなのかを学べた時間でした。

スポット・施設名

名称
グローバルストーン
住所
笠岡市北木島町9768-29
営業時間
8:0017:00
定休日
土曜日・日曜日
お問い合わせ
0865-68-4216
E-Mail
globalstone-co.com